北海道は数々の素晴らしいバンドを輩出しています。
前回紹介したサカナクションも全員が北海道出身のバンドです。

今回紹介するズーカラデルもメンバー全員が北海道出身の魅力的なバンドです。

当記事ではそんな北海道が生んだズーカラデルのプロフィールや、管理人おすすめ曲を厳選セレクトして紹介します。

ズーカラデルのプロフィール

  • 出身地:北海道札幌市
  • ジャンル:ロック
  • 活動期間:2015年~
  • レーベル:SPACE SHOWER MUSIC
  • 事務所:グラスホッパー
  • メンバー:吉田崇展(Vo,Gt)、鷲見こうた(Ba)、山岸りょう(Dr)

まずは、ズーカラデルのプロフィールをご紹介していきます!

ズーカラデルは2015年より活動を開始し、結成当初のバンド名は「吉田崇展とズーカラデル」でした。
ベースの鷲見こうたさんは2代目ベーシストで、初代はコナさんという方が務めていました。

2017年に自主製作盤としてリリースした2ndミニアルバム「リブ・フォーエバー」がインディーズ界で大ヒット。
また、「リブ・フォーエバー」のリリースと同時にバンド名をズーカラデルに変更しました。

2018年11月21日にはバンド史上初の全国流通盤「夢が醒めたら」をリリースし、2019年7月10日には1stフルアルバム「ズーカラデル」をリリースしました。

2019年1月4日に放送された日本テレビ系の音楽番組「バズリズム02」においては、音楽関係者が選ぶ2019バズりそうな歌手ランキングで2位を獲得しましたが、その名の通りの大活躍を見せています。

歌詞の温かさやメロディの包容力が魅力なズーカラデルのおすすめ曲を紹介

ズーカラデルの魅力は、聴く人全てを優しい気持ちにさせてくれる包容力・温かさのある楽曲と言えるでしょう。
決して派手さのあるようなバンドではありませんが、生活に密着した安心感を与えてくれるバンドであると私は思います。

そんなズーカラデルの魅力が伝わるような曲をいくつかピックアップして紹介したいと思います。

アニー

まずはズーカラデルの名を一気に上げたアニーを紹介したいと思います。
こちらの曲は先ほど紹介した「リブ・フォーエバー」「ズーカラデル」の2枚に収録されています。

ズーカラデルが公開したミュージックビデオの中でも185万回を超える再生を記録しており、ズーカラデルの名を一気に上げた楽曲と言っても良いでしょう。
ミュージックビデオのロケ地は小樽運河にあるカフェ艀です。

漂流劇団

漂流劇団はアルバム「夢が醒めたら」「ズーカラデル」の2枚に収録されています。
偽りだらけの社会に生きる現代人に向けられたともとれる、歌詞が突き刺さる一曲です。
ズーカラデルの良さは、難しい言葉を使わずストレートに表現する点もあると私は思っております。
楽曲もアップテンポで、ライブでも盛り上がること間違いなしの1曲です。

生活

生活はアルバム「ズーカラデル」に収録されています。
ズーカラデル史上一番の名曲にこの曲を挙げる人も多いこちらの楽曲は、優しいメロディに生活の情景が浮かぶ1曲です。
私もズーカラデルの中ではこの曲が一番好きなのでぜひ聴いてもらいたいです!

【チケットは取った?】ズーカラデルのライブ情報

  • 2020年4月23日 teto 47都道府県ツアー 「日ノ出行脚」@周南LIVE rise【山口】
  • 2020年4月25日 teto 47都道府県ツアー 「日ノ出行脚」@松江AZTiC canova【島根】
  • 2020年4月26日 teto 47都道府県ツアー 「日ノ出行脚」@米子AZTiC laughs【鳥取】
  • 2020年4月29日 君と私と音楽と ~everyday and myself~@下北沢CLUB Que【東京】
  • 2020年5月9日 THE BOYS&GIRLS presents 「ノロシヲアゲロ4」@代官山UNIT【東京】
  • 2020年5月13日 La.mama 38th anniversary 『Wordplay vol.83』@渋谷La.mama【東京】
  • 2020年5月24日 TOKYO METROCK2020@新木場・若洲公園【東京】
  • 2020年5月28日 reGretGirl 忘れられないツーマンツアー2020 〜Spring〜 広島公演@広島LIVE VANQUISH【広島】 
  • 2020年5月29日 reGretGirl 忘れられないツーマンツアー2020 〜Spring〜 岡山公演@岡山LIVEHOUSE IMAGE【岡山】
おすすめの記事