サイケかつポップな独自の音楽性でリスナーの心を掴み、チケットの入手が困難なバンド、Tempalayをご存知でしょうか。
当記事ではTempalayのプロフィールや、管理人おすすめの楽曲を厳選セレクトして紹介します。

Tempalayのプロフィール

  • 出身地:埼玉県
  • ジャンル:ロック、サイケデリック
  • 活動期間:2014年~
  • レーベル:P-VINE、SPACE SHOWER NETWORKS INC.
  • メンバー:小原綾斗(Vo,Gt)、藤本夏樹(Dr)、AAAMYYY(Syn)

Tempalayは2014年に結成。
結成1年後にはFUJI ROCK FESTIVAL「ROOKIE A GO-GO」に出演が決定し、一躍インディーズ界で話題になりました。
特定の事務所に所属しないながらも、コンスタントにライブやCDのリリースを続け、2019年6月5日には3rdフルアルバムとなる「21世紀より愛をこめて」をリリースしました。

2020年2月26日には配信シングル「大東京万博」もリリースし、精力的な活動を行っています。

バンド名の意味は、以前出演したラジオ番組において「特に意味はなし!」と発言しているそうです。

ボーカルギター小原綾斗はイタリア製のギターを使用

Tempalayのボーカルギターを務める小原綾斗さんは、古着を基調としたファッションや個性的なビザールギターを使用しオシャレ好きからも注目を集めています。

小原綾斗さんが使用しているギターについて調査してみたところ、イタリアのGalanti社のビザールギターであることが判明しました。
Galanti社のギターは中古市場でも取り扱いが少ないため、同じものが欲しいという場合はメルカリやヤフオクといったフリマ・オークションサイトを駆使する必要があるでしょう。

AAAMYYYはサポートから正式メンバーに加入!

バンドの紅一点のAAAMYYYさんですが、もともとはサポートメンバーでした。

この投稿をInstagramで見る

#airmax #airmaxverona #nikeairmax

AAAMYYY//エイミー(@amy0aaamyyy)がシェアした投稿 -

2018年7月から正式加入し、今ではTempalayに欠かせない存在になりました。
AAAMYYさんはソロでもシンガーソングライター、トラックメイカーとして活動しており、精力的な活動を行っております。

Tempalayのライブで聴きたいおすすめ5曲

Tempalayの魅力は高い楽曲クオリティはもちろん、ライブの気持ちよさにあります!
横ノリしながらゆるくチルな気持ちになれる楽曲はトリップ確実といっても過言ではないでしょう。
2020年6月22日にはバンド史上最大規模のワンマンライブとなる「大覚祭」の開催も決定しているため、気になる方はぜひ一度Tempalayのサウンドに酔いしれてもらいたいです!

そんなTempalayのライブで聴きたいおすすめの曲をいくつかピックアップしてみました。

Tempalayの代表曲「革命前夜」

2017年6月2日に配信限定シングルでリリース。
2017年8月30日にリリースされた2ndフルアルバム「from JAPAN 2」にも収録されている1曲です。

Tempalayファンに「Tempalayの代表曲といえば?」と質問すると、大体の人はこの曲をあげるのではないでしょうか。
Tempalayの名を知らしめた楽曲でもあり、再生回数は2020年4月現在225万回を超えています。
オシャレ感とサイケ感で思わずとろけそうになってしまう一曲かつ、Tempalayの入り口となった人も多い1曲となっています。

Tempalayの怪しさ100%「新世代」

こちらも上記の革命前夜同様、2017年8月30日にリリースされた2ndフルアルバム「from JAPAN 2」に収録されている1曲です。

心地よさと気持ち悪さの絶妙なバランスが同居している1曲で、MVの怪しさも満点です。
挑戦的かつ挑発的な歌詞も魅力の一つと言えるでしょう。

PERIMETRONがMVを制作「どうしよう」

2018年9月26日にリリースされたミニアルバム「なんて素晴らしき世界」に収録されている1曲かつ、同アルバムのリードトラックです。

Tempalayの特徴でもある不気味さ、妖しさが存分に盛り込まれたハイセンスな1曲となっており、ミュージックビデオの制作はKing Gnu(キングヌー)の常田大希さんが立ち上げたPERIMETRON(ペリメトロン)というクリエイティブ集団が担当しています。

サ道の主題歌に起用「そなちね」

2019年6月5日にリリースされた3rdミニアルバム「21世紀より愛をこめて」に収録されている1曲です。

「そなちね」というワードを聴くと北野武監督の映画「ソナチネ」を思い出す方も多いですが、こちらの曲のミュージックビデオも映画のワンシーンを彷彿とする、思わず見入ってしまうものになっています。
ちなみに同曲は2019年にテレビ東京系で放送されたドラマ「サ道」のエンディングテーマにも使用され、ドラマファンの心もしっかりと掴みました。

Tempalayの最新曲「大東京万博」

最後に紹介するのはTempalayの最新曲である大東京万博です。
2020年2月26日に配信シングルとしてリリースされました。

今作も中毒性の高いトラックで、ミュージックビデオはPERIMETRONが制作しています。
AKIRAをオマージュしたミュージックビデオもぜひ一緒にチェックしてみましょう。

おすすめの記事