• ホーム
  • SNSを活かす方法について解説

SNSを活かす方法について解説

ここ数年で利用者数が急上昇したのがスマホユーザーです。そこでSEO効果を得るために、SNSを活かす方法をチェックします。SNSとはインスタグラムやFacebook、Twitterなどがメインとなり、毎日数多くのいいねやリツイートなどのシェアが繰り返されています。これをSEO対策に利用できるのであれば、かなり有効的な手段となります。

しかし結論から言えば、インスタグラムやFacebook、Twitterなどには直接的なSEO対策はありません。SNSは現段階でクローラーの読み込みがないからです。これはGoogleが公式でも発言していますが、直接的な効果はなくても間接的に効果が期待できることはあります。企業の公式SNSが新たなコンテンツを発表すると、多くのフォロワーがシェアしてくれます。シェアするということは、フォロワーが価値のあるコンテンツと認めているからです。そこからWEBサイトに行く場合も少なくありません。そうなればアクセス数が上がります。

また、SNS上でシェアされたコンテンツはそのフォロワーから、また違うフォロワーへと繋がりネット上で拡散されます。それがWEBサイトの被リンクや内部リンクからアクセス数が増えることになります。被リンクや内部リンクが増えることで、WEBサイト上のコンバージョンが獲得可能になります。このSNSを利用してサイトに誘導することがマーケティングサイトにも有効的な手段となるのです。

SNSで商品などの宣伝を行い、集客やコンバージョン率を高めることが、結果的に検索順位を上げることに繋がります。インスタグラムやFacebook、Twitterなどは常にその時の流行を発信し続けています。そのため作成したコンテンツをSNSで発信する、WEBサイトにSNSボタンを設置することで多くのユーザーから共有されやすくなります。シェアされたサイトはSEO対策として役立つ自然な被リンク獲得になり、検索順位が上昇するようになります。これが直接ではなく、間接的にSEO対策になる、ということです。

気をつけなければいけないのが、インスタグラムやTwitterなどは新しいものを求めています。流行に沿ったコンテンツでない場合は良質なコンテンツでなければ意味がありません。その時の流行をフォロワーに伝えるためには、更新頻度やコンテンツ内容を考慮する必要があります。サイトテーマに興味のあるフォロワーを増やすことも重要になります。

関連記事