自粛自粛の毎日で疲弊する今日この頃ですが、音楽リスナーにとって超ビッグニュースが流れ込んできました!

ついにHi-STANDARD(ハイスタ)がサブスク解禁を発表したのです!!!
また、Hi-STANDARDの楽曲だけではなく、メンバーの横山健(Ken Yokoyama)さんが所属するPIZZA OF DEATH RECORDSから発表された全100タイトル、1127曲も各種同時配信されました。

配信アーティストは以下の通りです。
PIZZA OF DEATH 配信アーティスト

  • BBQ CHICKENS
  • DRADNATS
  • ember
  • GARLICBOYS
  • Hi-STANDARD
  • THE INRUN PUBLICS
  • Ken Yokoyama
  • MEANING
  • SAND
  • SLANG
  • ASPARAGUS
  • COMEBACK MY DAUGHTERS
  • F.I.B
  • HAWAIIAN6
  • MOGA THE ¥5
  • SLIME BALL
  • TOAST
  • UPPER
  • RAZORS EDGE
  • WATER CLOSET
  • the 原爆オナニーズ

傘下レーベル配信アーティスト

  • UNLIMITS
  • rem time rem time
  • XERO FICTION
  • SCOTLAND GIRL
  • Baby Smoker
  • FULLSCRATCH
  • しけもくロッカーズ
  • 地獄車
  • militarysniperpinfall
  • YUKIGUNI
  • PULLING TEETH

このラインナップには思わずガッツポーズを上げてしまうキッズも多いことでしょう。
通称KenBandことKen Yokoyamaのソロ名義の楽曲やBBQ CHICKENS、AIR JAMを互いに盛り上げたHAWAIIAN6やMOGA THE ¥5の楽曲も聴くことができます。

当記事ではそんなPIZZA OF DEATH RECORDSを代表するアーティストであるHi-STANDARDを取り上げ、プロフィールやHi-STANDARDのおすすめ楽曲を紹介していきたいと思います。

Hi-STANDARD(ハイスタ)のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

ハイスタ

難波 章浩(@akihironamba)がシェアした投稿 -

  • 出身地:日本
  • ジャンル:ハードコアパンク、メロディックハードコア
  • 活動期間:1991年~2000年、2011年~
  • 所属レーベル:PIZZA OF DEATH RECORDS(日本)、Fat Wreck Chords(海外)
  • メンバー:難波章浩(Vo,Ba)、恒岡章(Dr,Cho)、横山健(Gt)

Hi-STANDARDは1991年に結成されたバンドです。
結成当初は別にボーカリストがいましたが後に脱退しました。

現在のパンクロックシーンに絶大な影響を与えた伝説のバンドとしても知られており、日本のパンクロック史を語る上では絶対に外すことのできないバンドです。

今でこそアーティストが野外フェスを開くことは当たり前の時代になってきましたが、Hi-STANDARDが開催したAIR JAMはアーティストの野外フェスオーガナイズのきっかけとなりました。
また、自分たちでフェスを開催する10-FEET(京都大作戦)やMONGOL800(What a Wonderful World)、SiM(DEAD POP FESTIVAL)や04 Limited Sazabys(YON FES)といったバンドは一様にHi-STANDARDの影響を受けています。

Hi-STANDARDは2000年、千葉マリンスタジアムで開催した「AIR JAM 2000」のライブを最後に、人気絶頂の中活動休止します。

難波章浩さんと横山健さんの不仲説等もあり、一時は一番復活が見込めないバンドとも言われていましたが、2011年に「AIR JAM 2011」の開催を発表し、活動を再開しました。
メンバー3人のTwitterアカウントで同時に「9.18 ハイ・スタンダード AIR JAM。届け!!!」とつぶやき、ファンは歓喜の声を上げました。
管理人もこのツイート当日の事は今でも脳裏に焼き付いています。

2016年には一切の事前告知無しでのゲリラCDリリースを行ったり、2017年にリリースしたアルバム「THE GIFT」では街頭看板でのニューアルバムリリースを告知するなど常にリスナーを驚かせるHi-STANDARD。

今回のサブスク解禁も突然の発表で、ファンは歓喜の声を上げました。

サブスク解禁を機に聴く人も昔からのファンにも聴いてほしいHi-STANDARD(ハイスタ)の名曲5選


日本パンク界のシーンを作ったHi-STANDARDには、語り継がれる名曲がいくつも存在します。
フォーリミやWANIMAからパンクが好きになり、まだHi-STANDARDを聴いたことが無いという方も、昔からのハイスタキッズにも刺さるような名曲を管理人が厳選セレクトして紹介します。

STAY GOLD

1999年6月30日リリースのアルバム「MAKING THE ROAD」に収録されている1曲です。
MAKING THE ROADはインディーズかつノータイアップでリリースしたにもかかわらず、国内外合わせて100万枚以上の売り上げを記録するアルバムとなりました。

私の周りでも、パンク好きを公言している友人はほぼこのアルバムを持っていたものです。

STAY GOLDはハイスタの楽曲の中でもとりわけ人気の高い1曲で、ファンの間でも特別な楽曲とされています。
当時のギターキッズであればSTAY GOLDを文化祭で披露したという人も少なくないでしょう。

MOSH UNDER THE RAINBOW

1999年6月30日リリースの4thアルバム「MAKING THE ROAD」に収録されている1曲です。
ライブ終盤にこの曲が披露されると、キッズたちがこぞって大きなサークルを作りモッシュが起こります。
この瞬間がライブキッズにとってはたまらなく、ライブでも人気の楽曲です。

ちなみに楽曲の最初に流れる男の声は、ブライアン・バートンルイスのものです。

NEW LIFE

1995年11月1日リリースのアルバム「GROWING UP」に収録されています。
ベースから始まるNEW LIFEは、いつ聴いてもワクワクするような楽曲です。
初期の楽曲ですが未だに根強い人気を持ち、ニッポン放送の深夜ラジオ番組「岡村隆史のオールナイトニッポン」でも同曲がジングルに使用されています。

CAN’T HELP FALLING IN LOVE

2000年4月5日にリリースされたシングル「Love Is A Battlefield」に収録されている1曲です。
同シングルは活動休止前最後の作品になり、人気の高い1枚です。

この曲はハイスタのオリジナル曲ではなくエルヴィス・プレスリーのカバー曲です。
ハイスタと言えばパンク曲ではない楽曲をカバーすることでも有名で、他にもはじめてのチュウをカバーしたMY FIRST KISSやベイシティローラーズのSaturday Nightをカバーした楽曲があります。

近年ではM-1グランプリのテーマにも使用されるこの曲は、芸人のテーマソングにもなりつつあります。

The Gift

2017年10月4日にリリースされたアルバム「THE GIFT」に収録された1曲です。
「THE GIFT」は前作「MAKING THE ROAD」から18年ぶりのリリースとなり、ハイスタのニューアルバムが聴けるなんて!?と喜んだ方も多いでしょう。

これぞハイスタ!という楽曲の爽快感はそのままに、円熟味を増した演奏が聴けるこの1曲は復活後のターニングポイントとなる1曲になりました。

おすすめの記事