吉本興業所属のお笑いコンビ「ピース」のボケ担当である又吉直樹(またよしなおき)さんの著書である「劇場」が映画化されます。

本来であれば2020年4月17日に同映画は公開される予定でしたが、残念ながら公開は延期になってしましました。
また、公開時期は現在未定となっています。

さて、今回公開される「劇場」は一体どういった映画なのでしょうか。
また、キャストや監督情報についても紹介していきたいと思います。

映画「劇場」のあらすじ


この投稿をInstagramで見る

『劇場』【公開延期のお知らせ】 この度、2020年4月17日(金)より公開を予定しておりました『劇場』につきまして、 新型コロナウイルス感染症が拡大している状況および政府発表の「新型コロナウイルス対策基本方針」を受け、お客様をはじめ関係者の健康・安全面を第一に検討した結果、公開日を延期することを決定いたしましたことをお知らせいたします。 作品の公開を楽しみにお待ち頂いていた皆様にはご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。 今後の公開予定につきましては、感染状況および政府・関係諸機関等の発表を注視しながら、決定し次第、速やかに『劇場』公式ホームページにてお知らせいたします。 何卒、諸般の状況を鑑み、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 2020年4月11日 映画『劇場』製作委員会

【公式】映画『劇場』(@gekijyo_movie)がシェアした投稿 -

中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。
しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしまう。
解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想のはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。
そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。
自分でも驚くほどの積極性で初めて見知らぬ人に声をかける永田。
突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放っておけなく一緒に喫茶店に入る。
女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。

STORY | 映画『劇場』オフィシャルサイトより引用

劇場」は又吉直樹さんの2作目の小説で、自身初の長編小説となりました。
売れない劇作家と学生のラブストーリーが描かれた作品となる今作は、ただの恋愛映画ではなく青春映画としての側面も持つ映画になるようです。

前作「火花」は劇場大ヒットを記録する映画となりましたが、今作も前作同様ヒットが期待されます。

映画「劇場」のキャスト

映画「劇場」の主人公である売れない劇作家永田を演じるのは山﨑賢人さんです。

この投稿をInstagramで見る

#ケントにインスタは難しい #ヲタクに恋は難しい

山﨑賢人(@kentooyamazaki)がシェアした投稿 -

山﨑賢人さんは1994年9月7日生まれの現在25歳。
ドラマ・映画問わず数々の話題作に出演し、特にマンガ原作の実写映画に多数出演しております(四月は君の嘘一週間フレンズヲタクに恋は難しいなど)。

永田の彼女である「沙希」を演じるのは松岡茉優さんです。

この投稿をInstagramで見る

あさイチ プレミアムトーク ありがとうございました! 時間を頂き光栄でした。 より一層頑張ります。 たくさんのメール 全部読みました✍️ありがとう。 #おのえりこ 先生から 色紙を頂きました。 描いてもらった似顔絵が 子供の時から読んでるみい子の いわゆるおねえさんの絵で。 もうみい子サイズではない自分を 改めて感じました。 大人だ!もういい大人だ。 #あさイチ #ありがとうございました #そして #フォロアーが60万人! #ありがとうございます #今後も私サイズではありますが #いろいろ載せていきます😊 #見ていてくれたら嬉しいです

松岡茉優 /Mayu Matsuoka(@mayu_matsuoka_koushiki)がシェアした投稿 -

松岡茉優さんは1995年2月16日生まれの現在25歳。

近年目覚ましい活躍を見せる女優の一人である松岡茉優さんは、主演映画「勝手にふるえてろ」や、カンヌ国際映画祭にてパルム・ドール賞を獲得した「万引き家族」などの話題作に出演しています。
日本アカデミー賞の受賞経験もあり、今作でも受賞の期待が高まります。

脇を固める俳優陣には、伊藤沙莉さんや寛一郎さん、浅香航大さんの出演がアナウンスされていますが、その中でも特にサプライズとなったのは、ロックバンドKing Gnuのボーカル井口理さんの出演でしょう。

この投稿をInstagramで見る

🌙🍜🐷

井口理/Satoru Iguchi(@191satoru)がシェアした投稿 -

井口理さんは1993年10月5日生まれの現在26歳。

King Gnuのボーカリストとして知られている井口理さんですが、実はこれまでに映画「ヴィニルと鳥」や、配信ドラマ「ゆれるせいかつ」への出演経験があります。
また、報道番組やドキュメンタリー番組のナレーションを務めた経験もあり、音楽活動以外においても活躍を見せています。

King Gnuの楽曲「It’s a small world」のミュージックビデオでは、井口理さんの演技を見ることができるため気になる方はぜひ視聴してみるといいでしょう。

映画「劇場」の監督情報

映画「劇場」のメガホンを取ったのは行定勲監督です。
主なこれまでの監督作品には窪塚洋介さん主演の「GO」や、通称「セカチュー」の愛称で、2004年実写映画ナンバーワンを記録した「世界の中心で、愛をさけぶ」、日本アカデミー賞を12部門受賞した記録を持つ「北の零年」などがあります。

行定勲監督作品を見るならU-NEXTがおすすめ!

映画「劇場」は現在公開延期がアナウンスされており、振替公開日に関しては現状アナウンスされておりません。
今回の映画が楽しみで仕方なかったという方は、行定勲が監督を務めた他の映画作品を見て公開を待ってみるのはいかがでしょうか?

行定勲監督の映画作品を視聴したい場合は月額制動画配信サービスを利用するのがおすすめです。
月額料金こそ発生しますがいつでも好きな時に、様々なデバイスで作品を楽しむことができます。

動画配信サービス「U-NEXT」では行定勲監督の映画作品を10作品も月額のみで楽しむことができます。
他の動画配信会社では配信されていないマニアックな行定作品も視聴することができるため、よりたくさんの作品を見たいという方はU-NEXTへの登録をおすすめします。

U-NEXTで配信している行定勲監督作品(映画)

  • GO(2001年10月20日公開、監督)
  • ロックンロールミシン(2002年9月28日公開、監督・脚本)
  • 世界の中心で、愛をさけぶ(2004年5月8日公開、監督・脚本)
  • 北の零年(2005年1月15日公開、監督)
  • 遠くの空に消えた(2007年8月18日公開、監督・脚本)
  • クローズド・ノート(2007年9月29日公開、監督・脚本)
  • 今度は愛妻家(2010年1月16日公開、監督)
  • つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(2013年1月26日公開、監督)
  • 円卓 こっこ、ひと夏のイマジン(2014年6月21日公開、監督)
  • 真夜中の五分前(2014年12月27日公開、監督)

月額は1,990円と他のサービスよりも高めに設定されていますが、無料トライアル期間も1か月設定されているため、もし気に入らなかった場合は無料トライアル期間中に解約することもできます。

公開が待てない!という方はU-NEXTにまず無料登録して、原作や監督の他作品を見てみるといいでしょう。

おすすめの記事