• ホーム
  • 内部対策の方法について解説

内部対策の方法について解説

中古ドメインを使うことで被リンクや検索流入などの効果的なSEOが期待できます。しかし外部リンクなどだけで、SEOすべてが有効になるわけではありません。内部対策をすることで、ページランクの高い競合サイトに勝利した実例もあります。もちろん内部対策のみで検索順位を上げることは難しいです。しかし質の良い記事でサイトコンテンツを高めたり、競合サイトを調査することでユーザビリティが上昇、検索順位が上がることを望めます。

内部対策の方法としては、充実したコンテンツや検索エンジンであるクローラーの移動のしやすさ、ユーザーの使いやすさがあります。サイト内に内部リンクを置くことで、ユーザーが関連記事を探しやすくなり、価値のあるコンテンツと評価されるようになります。クローラーやユーザーが満足できる価値のある記事は、Google評価も高くなり、結果的に被リンク対策としても有効です。

内部対策にはいくつか種類があり、ユーザーとクローラーそれぞれに対応したものがあります。ユーザビリティに有効なのが、パンくずリストとグローバルナビゲーション、サイトマップなどです。どれも検索記事を把握するために、有効的な手段になっています。パンくずリストはユーザーが現在どのページを見ているのかを明確にすることができるものです。グローバルナビゲーションも似たようなものですが、こちらは主にサイト上部に設定されている場合が多く、必要コンテンツへのショートカットができます。

サイトマップは目次のようなもの、ユーザーがコンテンツ内容を把握しやすくなり、クローラーがインデックス化しやすいようになっています。内部リンクでパンくずリストを設定する場合、トップページのマークを設置しているサイトがほとんどです。このトップページのマークを変えるだけでも内部対策の効果が上がります。HOMEやTOPなどの単語やマークだけにするのではなく、サイト名やSEO対策のキーワードを取り入れる方法があります。

内部リンクはアンカーテキストも重要視されるので、キーワードを入れることで変化が現れるようになります。簡単な方法ではタグや見出し、タイトルなどの最適化があります。これらのキーワードを改善するとページ構成がクローラーに伝わりやすくなります。さらにユーザーがより使いやすいサイトになることでアクセス数が上昇します。内部対策のポイントは関連コンテンツの内部リンクの設置、キーワードの選定などになります。内部リンクは重要なページに集めることで高いSEO効果を発揮します。内部対策の確認には、検索流入や重複チェックが調査できるツールで確認可能です。

関連記事