• ホーム
  • 中古ドメインの選び方についてアドバイス

中古ドメインの選び方についてアドバイス

パソコンを使う人

SEOに効果がある中古ドメイン、手っ取り早くアクセス数を稼ぐには有効な手段です。しかし中古ドメインを利用する場合は、選び方に注意しなければなりません。オールドドメインを利用してアクセス数をアップできるのは、以前のサイトの評価を受け継いでいるからです。

中古のドメインと聞くと、イメージが悪いかもしれませんが、そのほとんどが期限切れで手放したものばかりです。ドメインには有効期限があり、プロモーションのために短期間だけ使用していたドメインなどもあります。そういった数多くあるドメインの中から、より品質の高いものを選ぶことでリスクを最小限に減らし、アクセス数を上げることが可能となります。

中古ドメインの選び方のポイントは、被リンク数とペナルティ、質の良さ、ドメインエイジになります。これらを調べることで、サイトのアクセス数アップが望めるかどうかが変わってきます。被リンク数やペナルティはSEO対策としても実施したいものなので、中古のドメインを使用する際も重要視される部分になります。

被リンク数は異なる運営者のサイトのリンクを貼っている数で、ネット上の人気投票数のようなものです。現在Googleで検索順位を判断しているのはGoogleアルゴリズムです。最近はこの精度が高くなっていることにより、被リンク数が多いサイトは評価が高くなりやすくなっています。そのためオールドドメイン利用の場合は、被リンク数が多いものがアクセス数アップしやすいドメインとなるのです。

ペナルティや質の高いコンテンツも同様になります。中古ドメインにペナルティのないもの、質の高いコンテンツでGoogle評価が高いドメインはSEO対策に向いています。また、ドメインが登録された日や登録期間を表すドメインエイジが古ければ古いほど、信頼が高くなります。

ドメインエイジが古いものは、それだけ長く運営されたサイトと判断されます。古いサイトが長く運営している、これだけを見てもオールドドメインを使う有利さが伺えます。短いスパンでドメインエイジを古いものにしたいのであれば、中古ドメインを利用する方法がベストです。

中古ドメインを利用する際に気をつけなければいけないのが文字列です。新規ドメインの場合、使いたい文字列にすることが可能ですが、中古ドメインはそれができません。すでに決められた文字列のドメインしか選べないことも念頭に置いておきます。文字列にこだわりがなければ気にする必要はありません。
中古ドメインを選ぶときは、SEOに効果のある被リンク数や前サイトの品質などをしっかりチェックすることでリスクを減らすことが可能です。中古ドメインを購入する場合は更新日の残りを把握することも忘れてはいけません。

関連記事