• ホーム
  • キーワード選定のやり方について解説

キーワード選定のやり方について解説

SEOに有効な手段のひとつに、キーワード選定があります。これはコンテンツを最適化するために重要で、多くのユーザーが特定のキーワードを使って検索するためです。サイトのアクセス数を増やすには、適切なキーワードを選ぶ必要があります。

キーワード選定では、そのほとんどが大多数のユーザーニーズが反映されたビッグワードです。ビッグワードで検索順位を上げようとすれば、キーワードに関する情報量の多さや役に立つコンテンツにしなければなりません。競合サイトも同じキーワードを使用するので、検索順位によってはアクセスされにくくなり、難易度も上がってしまいます。そこでSEO対策として取り入れたいキーワード選定がニッチなワード、競合が少ないスモールワードになります。

スモールワードを選定することで、これまで埋もれてしまっていたコンテンツを狙うことが可能になってきます。もちろんトレンドを取り入れたビッグワードも必要ですが、それだけではSEOとしての効果が少なくなります。スモールワードと並行しておすすめできるやり方がロングテールキーワードです。キーワード選定はひとつの単語で構成された単一ワードよりも、複数のワードを組み合わせたロングテールキーワードのほうが検索結果を絞りやすくなります。ビッグワードは最終的な目標にして、最初はスモールワードとロングテールキーワードでアクセス数を伸ばすほうが確実です。

ロングテールキーワードが多いとコンテンツ内容の意図が明確になり、検索母数が少ない状態でも関心のあるユーザーに見つけてもらいやすくなります。このようにSEO効果をのばすためには、いくつかの手順を踏んだほうが、結果的に難易度が下がりより有効な手段に繋がることでしょう。

キーワード選定を決める場合、まずはトレンドキーワードやそのパターン、検索ボリュームを知る必要があります。そこで便利なのがツールを使用したキーワード選定です。ツールをやり方はキーワード選定を行い、その後のキーワード順位を計測できるようになります。選定手順はまずターゲットとなるキーワードを決め、ツールを使って調査・抽出します。抽出したものを分類して整理、その後キーワードに沿ったコンテンツを作っていきます。文字数が多いときは、盛り込むキーワードもそれに見合った数だけ入れると効果が高くなります。記事が出来上がったら、関連キーワードのある記事を作り、内部リンクにすることでSEO内部対策のに繋がります。

関連記事